[教育] 自己肯定感の向上、家庭が大きな役割

日本の子どもたちは、諸外国の子どもたちに比べて、自己肯定感が低いことが課題になっています。国立青少年教育振興機構の調査結果によると、生活体験やお手伝いなどの経験のある子どもほど、自己肯定感が高いことがわかりました。子どもの自己肯定感は、保護者の関わり方次第で、大きく変わるようです。

KJ_20160602_01
自己肯定感の向上、家庭が大きな役割

「体験活動」が多いほど自己肯定感が高い

調査は2015(平成27)年2~3月、全国の公立の小学1~3年生の保護者、小4~6の児童とその保護者、中学2年生と高校2年生の生徒を対象に実施し、子ども1万8,031人、保護者1万5,854人から回答を得ました。

 

>>続きを読む(2016年6月2日 ベネッセ)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします