[教育] 「子どもたちの声が社会を変える」スピーチコンテスト・日本にもたくさんのマララさんがいる。

■ 子どもたちの声に耳を傾けて

今日5月5日は日本で決められた子どもの日。子どもたちの健やかな成長の願う日です。
世界には、「世界子どもの日」という日があり、11月20日がその記念日です。
子どもの人権について定めた条約・「国連子どもの権利条約」が採択された日です。
私たち認定NPO法人ヒューンライツ・ナウでは、昨年はこの日にあわせて、世界子どもの日「映像スピーチコンテスト」を実施。
素敵な映像作品をみなさんからお寄せいただきました。是非子どもたちの声を聴いてほしいと思い、
「子どもの日」にあわせて、こちらで紹介させていただきます。
寄せられた子どもたちの声は私たちの社会にゆがみに対して率直な問題提起をし、それを自ら乗り越えようとする力にあふれています。

■ 子どもたちの声が世界を変える。

今、子どもたちが世界で置かれている状況は、バラ色とはいえません。
世界には、今も絶え間ない戦争によって子どもたちの命が奪われています。児童労働や差別、貧しさなどから、自由や未来を奪われている子どもたちがたくさんいます。

しかし今、子どもたち自らがそうした状況を変えようとする動きも始まっています。
2014年にノーベル平和賞を受賞したのはパキスタン出身の少女マララさん。
子どもたちに教育を、と強く訴え、世界に大きな影響を与えました。

彼女が15歳のときに通学バスに乗り込んできた男に銃で撃たれてしまったニュースは、まだ記憶に新しいと思います。彼女が撃たれてしまったのは、女の子が教育を受けられないのはおかしい!と女の子への教育の必要性を社会に訴え続けていたからです。
しかし、銃に打たれても、マララさんは負けませんでした。病院で手術を受けた後も、脅しにひるむことなく、私自身も学校に行けない6600万人の女の子のひとりだと、女の子に教育が必要だ、と言い続けました。

その勇気ある行動は世界中の人々にマララさんと同じ境遇にある少女たちの存在と教育の必要性を気づかせ、国連が取り組みを強めるきっかけになりました。一人の子どもの勇気ある声が世界を動かしています。

CLICK ⇒ 「子どもたちの声が社会を変える」スピーチコンテスト・日本にもたくさんのマララさんがいる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします