[教育] 「学習障害」とは?知っておきたい症状と特徴について

子どもが極端に漢字を書くのが下手だったり、極端に教科書を読むのが遅かったりする場合、もしかしたら学習障害の疑いがあるかもしれません。
学習障害と聞くと「学習障害の子どもは成績がわるい」と、固定観念を持つ人もいると思います。しかし近年、トム・クルーズやスティーブン・スピルバーグ監督ら有名な人々が学習障害であることを告白するニュースが度々話題になっています。
学習障害をうまく克服する方法さえ見つければ、彼らのように夢を諦めないことも可能なのです。保護者が正しく対応できるように、今回は子どもの学習障害の症状や特徴についてご紹介します。

学習障害(LD)とは?

学習障害は、読み書きや計算などに関する障害で、発達障害に分類されます。文部科学省が発行している「学習障害及びこれに類似する学習上の困難を有する児童生徒の指導方法に関する調査研究協力者会議」において、学習障害は次のように定義されています。

「学習障害とは、基本的には、全般的な知的発達に遅れはないが、聞く、話す、読む、書く、計算する、推論するなどの特定の能力の習得と使用に著しい困難を示す、さまざまな障害を指すものである。」(※1)

このような特徴があるため、学習障害の疑いがある子どもは、学校の勉強についていけないケースがあります。文部科学省は、学習障害を含め、あらゆる障害によって生活や学習において困難を強いられている子どもを支援するため、学校教育法において「特別支援教育」を定めました。

特別支援教育では、学習障害を含むさまざまな障害を持つ幼児および児童生徒が、生活や学習の上での困難を克服または改善できるよう、個々の能力を高めるための指導と支援を行います。教育において、その子どもにはなにが必要なのかを把握し、個々に合った学校生活を送れるよう環境を整えることが推進されています。(※2)

学習障害は、(脳やせき髄の神経細胞が集まった部位である)中枢神経系のなんらかの機能が障害されることで起こるものと考えられています。あらゆる器官を通して入ってくる情報を整理したり関連づけたりし、それを表現するという能力のうち、いずれかの機能に異常があることで学習障害になると推察されています。

しかしながら、具体的に中枢神経系のどこにどのような障害が起きているのかについては、明らかになっていません。なお、学習障害は、視覚や聴覚、情緒などの障害や、育てられ方、身を置いている環境などによる学習上の困難とは異なります。また、教科の好き嫌いや学習意欲が足りないといったものでもありません。(※3)

学習障害(LD)の子どもの特徴と対処法について

学習障害の子どもは、読み書きや話すこと、計算、推論などの能力の習得と使用が極端に苦手であることが大きな特徴です。このような特徴から、単なる勉強嫌いや知的障害と間違われやすいと言われています。知的障害は、全般的な知的機能が同年齢の子どもよりも低いことが特徴です。そのため、学習以外の部分にも注目することで、学習障害と知的障害のどちらであるかが疑われるのかを見分けられるでしょう。(※4)

学習障害には、読み書きが苦手なタイプ、計算が苦手なタイプ、文章を理解できるものの書き写すことが苦手なタイプなどがあります。それぞれの特徴と、適した勉強法、トレーニングなどについてご紹介します。

全文はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします