[教育] 英単語を「暗記」してはいけない

「なかなか英語が上達しない」「何度か英語にチャレンジしたけどうまくいかなかった」……そんな人は多くいることと思います。実は英語が上達しない人には多くの共通点があり、そこをクリアすれば誰でも英語は身につけられます。
 この連載では、3月1日に発売され、早くも増刷が決定した『世界で活躍する日本人エリートのシンプル英語勉強法』(戸塚隆将)から、内容の一部を特別公開します。

● 「とにかく単語を暗記すればいい」という誤解

 日本人が英語に取り組むときに抱きがちな誤解をお伝えしておきましょう。

 まずは多くの人が悩む「ボキャブラリーの増やし方」についてです。

 英語のボキャブラリーをどのように増やしていくかは、私たちの永遠の課題です。英文を読めば、毎回と言っていいほど知らない単語に出合います。これは、初級者であっても上級者であっても、みんなに共通することです。

 はたしてボキャブラリーはどのように強化していけばいいのでしょうか?

 知らない英単語に遭遇したときにやってはいけないことは、日本語の意味を丸暗記しようとすることです。特に、ひとつの単語に対して、ひとつの日本語を「対」で暗記するようなことは避けなければなりません。

 単語の意味がわからないのに暗記をしてはいけないとはどういうことか、と思われるかもしれません。実は、ボキャブラリーを増やすのに必要なことは「英語の言葉を必ずイメージでとらえる」ということなのです。

>>続きを読む(2018年03月08日 ダイヤモンド・オンライン)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします