[教育]ワクワク感と強みに焦点を当てると子どもは動き出す

「毎日、言うことを聞かない子どもに、同じことを言い続けるのは、もう本当に疲れます」と嘆く

保護者の声を時々お聴きします。

「言っても効果がないことを何度も言うのは、確かにエネルギーを消耗しますよね。

焦点を当るところを少し変えると、格段にエネルギーが要らなくなります。

親御さんもお子さんもお互いに楽になりますよ」

そんなことをあらためて感じた最近の事例をご紹介します。

■「ワクワク感」を原動力にする

コーチング講座で、小学校5年生の男の子と大学生が

「やろうと思っているのに、やっていないこと」というテーマでコーチングをし合っていました。

そばで観察していたのですが、なかなかおもしろかったです。

「ワールドカップの試合を録画したけど、なかなか見ることができない。どうしたらいいのか?」というテーマで小学生が話していました。

コーチ役の大学生が、「どうしたら見る時間は作れるかな?」といった質問をしていたのですが、小学生が自分の中から解決策を見つけました。

「もっと好きな選手を増やせばいいんだ!そうしたら、どの試合もワクワクして早く見たくなる!」
「なるほど!その発想は自分にはなかった」と大学生は驚いていました。

とかく、どんな段取りでどう時間管理をするのかという話になりがちなテーマですが、どうしたら早くやりたくなるのかに焦点を当てたこの小学生の発想は、なかなかすばらしいと私も感じ入りました。

行動がのんびりなお子さんに、どうしたらもっと早く出かける準備をしてくれるのだろうと悩んでいたAさんは、友人から、「『今日はこれからワクワクすることがあるから早く行こう!』と言いながら一緒に準備をしたらいいのよ」とアドバイスされ、やってみました。すると、確かに以前よりも動きが早くなったそうです。

そういえば、遠足や運動会の日は、前日から準備をし、起こさなくても起きてきます。「何かこの先に楽しみがあると思ったら、子どもは自分で動くものだとわかりました」とAさんは話していました。

全文はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします