[教育]つい言ってしまいがち……こんな言葉が子どもの勉強のやる気を奪う!

子どものためを思って発した一言が、逆に子どもの気持ちを萎えさせてしまうことはよくあります。

そういう言葉には、大抵、過度の心配や期待、焦りなど、子どものためというよりは、

「親自身のため」のメッセージが含まれているものです。

例えば、こんな言葉が子どもの勉強のやる気を奪ってしまいます。

【勉強のやる気を奪うNGワード1】なかなか勉強しないときに……「早く勉強しなさい!」

いつの時代も、子どものやる気をそぐ一言といえばこれ。

親「早く勉強しなさい!」⇒子「わかっているよ!」⇒親「わかっていないじゃない」⇒

子「今やろうとしていたのに、そう言われるとやる気がなくなるよ」……いかにもよくある親子のやり取りです。

多くの場合、子どもは、「早く勉強をしなければならない」ということがわからずに、

勉強をしないわけではないのです。むしろ、自分自身がいちばんよくわかっている。

だからこそ、「わかっているよ!」という言葉が最初に出てくるのでしょう。

ですから、親としては歯がゆいかもしれませんが、「待つ」のが最善の方法かもしれません。

しかし、単に待つだけではなく、子どもが「勉強をしたくない理由」を

取り除いてあげるサポートをすると効果的です。

続きはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします