[地球・環境] 作物と発電 太陽光分け合うソーラーシェアリング

農地に太陽光パネルを設置し、発電と作物の栽培を同時に行う「ソーラーシェアリング」が注目されている。植物の光合成に必要な日光を確保しながら、余分な日光で発電する。売電収入も見込めるため、取り組む農家が増えている。

>>続きを読む(2016年05月09日 YOMIURI ONLINE)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします