[地球・環境]世界のサンゴ白化、1980年から5倍増 研究

【1月5日 AFP】海水温の上昇に伴ってサンゴ礁を襲う致死性の病気、サンゴの白化が起きる頻度が1980年代以降で5倍近く増加しているとの研究結果が4日、発表された。この増加により極めて重要な生態系であるサンゴ礁の未来が脅かされているという。

米科学誌サイエンス(Science)に掲載された研究論文によると、重度の白化現象は、かつては25~30年に1回の周期で発生していたが、現在では平均して6年ごとに発生しているという。

論文の主執筆者で、オーストラリア研究会議気候システム科学センター(ARC)サンゴ礁研究センター(Centre of Excellence for Coral Reef Studies)のテリー・ヒューズ(Terry Hughes)所長は「1980年代以前は、サンゴ礁の大量白化など前代未聞だった」と話す。

「だが現在では、温暖化が続く中で、地域規模に及ぶサンゴの白化と大量死が繰り返し発生する状況が世界中で新たな常態と化している」

観光、スキューバダイビングや、サンゴ礁に生息する魚や海洋生物の採集など、世界中で数百万もの人々が生計手段をサンゴに依存している。

>>続きを読む(2018年01月05日 AFPBB News)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします