[地球・環境] サムスン電子、アジアのIT企業として初の自然エネルギー100%を約束ーー世界5万人の声が転換を後押し

国際環境NGOグリーンピースは、韓国のサムスン電子が2020年までに米国、欧州、中国で自然エネルギー100%の実現を目指す、と本日6月14日に公式発表したことを受けて、以下の声明を発表しました。これは、アジアに本社があるIT企業として初めての発表です(注1)。グリーンピースとともに世界中の人々が、数ヶ月にわたり同社に対して、自社事業だけでなくサプライチェーンも含めて自然エネルギーに転換するよう求めてきた結果、実現しました。

グリーンピース・インターナショナル(本部)事務局長ジェニファー・モーガンは、「サムスンの発表は、自然エネルギーであふれる未来をつくるためのとても大きな一歩です。同社が中身の伴った行動を続けることで、気候変動の緊急性を認識する革新的なビジネスリーダーへの仲間入りをし、私たちの描く未来を実現することがまだ可能であることを示すことになるでしょう」と語りました。

サムスンは、同社ウェブサイト上の公式発表で、以下のことを約束しています。

•米国、欧州、中国において、自然エネルギーを100%利用。世界38カ所の製造拠点のうち、製造工場、オフィスや関連施設などを含め17カ所がこの3つの地域に含まれます。

•カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)のサプライチェーンプログラムに参加。これにより気候変動リスクの特定と対策が可能となり、サプライチェーンにおけるエネルギーシフトを進められます(注2)

•主要な半導体工場がある韓国の京畿道(キョンギド)の施設内で、太陽光発電および地熱発電設備を導入

この約束は、サムスンのサステナビリティ・レポートの発表に先駆けて発表され、同社は今後の計画と具体的な道筋の詳細を同レポートで明らかにする予定です。

全文はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします