[地球・環境]全国一!なぜ長野県は全国で最もごみが少ないのか

食品ロスをテーマに活動していると、全国の自治体の廃棄物対策部門から講演に呼んで頂くことがある。事業者や家庭から出てくるごみは、食品の占める割合が多い。食べ物は水分を多く含んでおり、燃えにくく、重量が大きい。ごみを減らすことは、イコール、食品ロスを減らすことでもあるためだ。

環境省が毎年3月に発表している「1人1日あたりごみ排出量」の平成28年度実績によると、全国最少の都道府県が長野県。全国平均925g/人日を下回る、822g/人日である。なぜ長野県はごみ排出量が少ないのだろうか。

1、「“チャレンジ 800”ごみ減量推進事業」を始めとした県民運動

長野県は、2018年4月12日付のプレスリリースで、全国で最もごみ排出量が少ない理由として

市町村の一般廃棄物削減の取組、県民一人ひとりのごみ減量意識の浸透などが要因として挙げられます。
出典:2018年4月12日 長野県プレスリリース

と述べている。

具体的な県の取り組みとして、(1)「“チャレンジ 800”ごみ減量推進事業」 (2)「食べ残しを減らそう県民運動  e-プロジェクト」(3)「レジ袋削減県民スクラム運動」という3つの柱を挙げている。

信州ごみげんねっとは、ごみを減らすための長野県の専門サイトだ。

宴会の食べ残しを防ぐ運動。元は福井県発祥で、そこに「30・10(さんまるいちまる)」と名付け、全国区に広げたきっかけを作ったのが長野県松本市だ。

続きはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします