[地球・環境]“地球環境の健康”にも取り組む「容器の2030年ビジョン」発表

清涼飲料業界各社は、人々の健康意識の高まりを受け、ミネラルウォーターや無糖茶飲料、トクホ飲料などのラインアップを充実させているが、コカ・コーラ社は地球環境の〝健康〟に貢献することも目指していく。日本コカ・コーラは、1月29日に「容器の2030年ビジョン」を発表した。2030年までに廃棄物ゼロ社会を目指すという意欲的なチャレンジだ。

具体的には、まずPETボトルの原材料として、枯渇性資源(限られた量しか存在しない再生不能な資源)である石油由来の原材料を可能な限り使用しないことを挙げている。その分、原材料としてリサイクルしたPETボトルや植物由来原料のPETボトルの採用を進め、PETボトル1本あたりの含有率を平均で50%以上にすることを目指す。

次に、政府や自治体、そして飲料業界や地域社会と協働しながら日本国内のPETボトルや缶の回収とリサイクル率のさらなる向上を図る。より着実な容器回収やリサイクルの枠組みの構築と、その維持に取り組む考えだ。その結果として、国内で販売した自社製品と同等量の容器の回収・リサイクルを目指す。

そして、清掃活動を通じて地域の美化に取り組んでいく。また、容器ゴミ、海洋ゴミに関する啓発活動へ積極的に参画していく。

全文はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします