[地球・環境]フジテレビが硬派な環境番組、次世代に伝えたい

フジテレビは放送の公共的使命と社会的責任を認識し、全ての人がより良い地球環境の下で平和に共存し、心身ともに健やかな生活を維持できる世界の実現につとめる。」フジテレビ番組基準の冒頭に綴られている言葉である。この基準をどれぐらい満たしているのか日々自省しているが、この基準を満たそうと多くのスタッフが努力していることはまぎれもない事実である。

「環境クライシス」はまさに環境問題への強い危機感と責任感をもったスタッフの熱意によってできた番組である。一人の報道記者の強い熱意が社内各部署を動かし、スポンサーや番組編成など様々なハードルを乗り越え、去年8月19日に第一弾「環境クライシス~沈みゆく大陸の環境難民~」が放送された。

放送の反響は予想よりはるかに大きかった。気候変動によって大きな被害をうけたインドの現状をリアルに映したドキュメンタリーだが、一部地域の小学校で環境教育の教材として採用してくれたほか、去年11月にドイツで開かれたCOP23(国連気候変動枠組条約第23回締約国会議)のジャパンパビリオンで上映されたのである。

全文はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします