[地球環境]サムライブルーのユニフォーム製作のアディダスはなぜ世界75カ所のオフィスでペットボトル禁止にしたのか

サッカー、ワールドカップ(W杯)から日本代表チームが帰国した。通称「サムライブルー」が着用していたユニフォームは、ドイツに本社を持つアディダスが製作した。そのアディダスは、ドイツ本社はじめ、世界75ヶ所のオフィスで、ペットボトルなどプラスティック製のボトルを使用禁止にしているという。2018年7月6日付の日経ビジネスオンラインの記事で、アディダス社ブランディング統括エグゼクティブ・ボードメンバーのエリック・リッキー氏が語っている。

アディダスではオフィスでのペットボトルなどプラスチック製ボトルの使用を禁止しました。ドイツ本社を手始めに、現在世界75カ所のオフィスで禁止にしています。日本オフィスでも禁止にしています。従業員の反応もよく、活動が勢いづいてきました。

出典:日経ビジネスオンライン 2018年7月6日付 アディダス幹部「職場でペットボトルは禁止」 サムライブルー・ユニフォームを製作した独アディダス経営層が語る深刻な海洋ゴミ問題

なぜだろうか。

記事によれば、アディダスの信念は「スポーツを通して人生を変えること」。その中で、サステナビリティ(持続可能性)は重要な柱となっている。地球環境保全の取り組みにも積極的で、水を使わずに染色する製品を開発して水資源の使用量を大幅に削減したり、海洋プラスティックゴミで作ったシューズを販売したりしており、アディダス社は2016年の世界経済フォーラム(ダボス会議)で「世界で最もサステナブルな企業100社(グローバル100)」に選ばれた。ただ、消費者にもっとそれを伝える必要性を感じ、海洋プラスティックゴミを減らす活動に着目したのだという。

全文はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします