[地球・環境]寄付は「長期的な投資」西友がヘルシー寄付付き惣菜

合同会社西友(東京・北)の100%子会社である若菜(埼玉県川越市)は2015年4月からNPO法人と組んでヘルシーな寄付付き惣菜を販売している。「寄付は長期的な投資」と位置づけ、2年間で2500万円以上を寄付した。

同社は、NPO法人TABLEFOR TWO(東京・港、以下TFT)と組み、健康に配慮した商品の売り上げの一部を同団体へ寄付している。寄付は同団体が東アフリカとフィリピンで行う農業支援活動に充てられる。

これは「カロリーオフセット」という先進国で肥満に悩む大人と開発途上国で飢餓に苦しむ子どものカロリーをオフセット(埋め合わせ)することを目指したTFTの取り組みを支援するもの。2年間の累計寄付額は2500万円を超え、支援先に約80の菜園を作ってきた。フィリピンでは収穫量が増えて、農家の収入が向上し、ルワンダでは収穫した野菜を販売し、学用品の購入費にもしているという。

続きはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします