[地球・環境]トヨタ、あと8年でエンジンのみの新車ゼロに

トヨタは、「持続可能な社会の実現への貢献」と「お客様の笑顔のためのモビリティの提供」を目指し、

「もっといいクルマ」「いい町・いい社会」づくりに取り組んでいる。

これらの具現化に向け、「安全・安心」「感動」「環境」といった価値を創造し、

ユーザーのニーズに合った商品を提供していく施策の一環として、

ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)

といった電動車の開発・展開を軸とした、

2020年代~2030年までの電動車普及に向けたチャレンジを公表した。

全文はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします