[健康]世界生活体育フェスティバル、第4回国際国学気功大会開催-日本、海外部門大賞受賞

10月1~2日、韓国の大邱広域市で、東洋伝統スポーツである気功を生活運動として実践している同好人のフェスティバル、第4回国際国学気功大会が開催された。

14485159_10154092633907568_1746213342607266194_n

社団法人大韓国学気功協会主催、大邱広域市国学気功協会主観、文化体育観光部・大韓体育会・大邱広域市・大邱広域市体育協会が後援した本大会に、開催国の韓国をはじめ、アメリカ、中国、日本、イギリス、カナダ、カタールの7カ国から約5,000人が参加、本選に約250人が出場した。
各チームはこれまで気功の練習に励んだ実力を舞台で披露し、高い技術と創作力、協調心を発揮した。
日本のサムライ風気功、アメリカのヒップホップ気功、中国の伝統気功などが世界大会のレベルを高め、昨年より多様な技が紹介された。日本は地球市民学校の気功チーム約250名が参加し、海外選手団としては最大規模となり、5チームが決勝にて海外部門総合大賞、銀賞、奨励賞、弘益賞を受賞した。

untitled-1

[受賞チーム]

▲大賞 △韓国国内部門:大邱 △海外部門:日本
▲海外部門 △金賞:イギリス △銀賞:日本 △銅賞:アメリカ・カナダ連合 △奨励賞:日本九州、関東 △弘益賞:日本名古屋、京都・奈良 △理化賞:アメリカ、中国 △律呂賞:カタール
▲青少年部門 △金賞:大邱 △銀賞:忠来 △銅賞:仁川 △奨励賞:ソウル、金海、釜山
▲成人部門 △金賞:忠来 △銀賞:釜山 △銅賞:大邱メホ公園、京南 △奨励賞:江原同好会、ソウルジュンラン同好会
▲団体選専門部門 △金賞:大田 △銀賞:京畿 △銅賞:ソウル △奨励賞:京畿
▲団体選一般部門 △金賞:京畿 △銀賞:京南 銅賞:忠来 △奨励賞:江原、大邱、ソウル、済州

国学気功は、国学気功の創始者である李承憲氏(グローバルサイバー大学学長)が京畿道安養の公園で1人の脳梗塞患者に伝統気功修練法を伝えたことに始まり、36年間世界中の人々の健康と幸せのための市民の生活体育として発展してきた。36年にわたり国民の心身健康増進に寄与した功労が認められ、2016年、韓国の大韓体育会の正会員団体に選定された。韓国では全国約5,000カ所の公園、福祉会館、公共施設、官公庁、学校などで国学気功を実践している。日本では全国の公園、老人ホーム、町内会、公民館、学校、保育施設などで約15,000人以上が実践している。

大会には国学気功の創始者李承憲氏を始め、大会を後援した大邱広域市クォン・ヨンジン市長など多くの関係者が参加した。大韓国学気功協会のクォン・ギソン会長は「今後さらに国学気功を発展させ、75億の地球村の人類の健康と平和のために尽力する」と覚悟を語った。日本選手団の代表として参加した品川玲子(社団法人地球市民学校理事)は「日本でも子供から80代まで幅広い同好人が実践しており、心も体も元気になる健康法として人気がある。気功の講師をもっと養成して公園や老人ホームなどに広めていきたい」と語った。

2016-1001-jp-kr-br-%eb%8c%80%ea%b5%ac-%ea%b5%ad%ec%a0%9c%ea%b5%ad%ed%95%99%ea%b8%b0%ea%b3%b5%eb%8c%80%ed%9a%8c-110▲ 国学気功の創始者李承憲氏

untid-1▲ 大邱広域市クォン・ヨンジン市長(左)、大韓国学気功協会のクォン・ギソン会長(中)、日本選手団の品川玲子代表(右)

日本選手が総合大賞を受賞したのは今回が初めて。神戸地域の選手として参加した高橋尚美氏は「各地域が、力を合わせて衣装や気功の練習に励んだ結果だと思います。韓国の皆さんのステージは本当に素晴らしかったです。舞台では、感動とパワーとエネルギーをもらい、本番ではよりパワーアップして披露することができました。客席からの声援がとても力になりました。その中での総合優勝は本当に嬉しく、自信となり、今後さらに励む原動力となりました。ありがとうございました!」と受賞の感想を述べた。

2016-1001-jp-kr-br-%eb%8c%80%ea%b5%ac-%ea%b5%ad%ec%a0%9c%ea%b5%ad%ed%95%99%ea%b8%b0%ea%b3%b5%eb%8c%80%ed%9a%8c-510▲ 高橋尚美氏

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします