[健康]皮肉屋はボケやすい 脳の活性化促す「笑い」でリスク回避

テレビは相変わらず毒舌キャラが席巻している。

シニカルなトークが人気になっているが、実は、その行為が脳にダメージを与えているという。

要するに、同僚や部下を皮肉ってばかりいるアナタは、認知症のリスクが高まるらしい。

医師で医療ジャーナリストの森田豊氏がこう言う。

「“皮肉思考”は、認知症の発症に関わることが明らかになっています。

毒舌やブラックジョークのように、誰かを陥れようとする笑い(悪口)は脳の活性化にはつながらず、

脳の一部だけを酷使した状態になる。

結果、脳の働きを低下させて認知症につながる、と考えられます」

その根拠になっているのが、2014年のイースト・フィンランド大の研究で、

同大の研究チームは「皮肉屋は認知症になりやすい」ことを発見している。

平均71歳の高齢者男女1449人を対象に、考え方が皮肉っぽい人と認知症の発症率を調べた。

8・4年間の追跡調査の結果、考え方が皮肉っぽい人は、

そうでない人に比べて認知症が3倍も発症しやすいことが分かったという。

「逆に笑うことは認知症を含め、健康な体づくりに有効です。

ナチュラルキラー細胞という免疫細胞を活性化させ、

心身を健康に導くことが分かっています」(森田豊氏)

笑いが認知症予防につながることは、

各方面で指摘されている。米国の医学界では「笑い療法学会」を発足。

笑いには右脳を活性化し、左脳のストレスを緩和する働きがあるとしている。

 

全文はこちら↓

皮肉屋はボケやすい 脳の活性化促す「笑い」でリスク回避

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします