[健康]990か所を調査、伝説的な長寿研究書が説く「長寿のルール」

絶版となった後も、専門家の間で語り継がれる一冊の本がある。1972年に初版が発行された『日本の長寿村・短命村』(サンロード出版)だ。著者は東北大学名誉教授で医学博士だった近藤正二氏(1893~1977年)である。

衛生学を専門とする近藤博士は食生活や生活習慣が寿命に与える影響に大きな関心を持ち、1935年から1971年の36年にわたり、北海道から沖縄の八重山諸島に至るまでの全国津々浦々990か所を、自らリュックを担いで訪ね歩き、各地で長寿に関する研究を重ねた。

そして、「平均寿命」という数字を使わず、「人口における70才以上の高齢者の割合(長寿率)が高い村」を《長寿村》と、「若年死が多く、70才以上の高齢者が少ない村」を《短命村》と定義した。1950年当時の全国の平均寿命は男女ともに60才程度だということを考えると「70才以上」といえば、かなりの“ご長寿さん”だ。博士は、「どうすれば長寿になれるか」に徹底的にスポットを当てたという点で、当時から異色の研究だった。そんな研究を口述で編んだのが『日本の長寿村・短命村』。ここでは、近藤博士が見出した「長寿のルール」の一部を紹介する。

鹿児島県の沖永良部島は、近藤博士の定義した70才以上の人の割合を示す長寿率が島全体で9%にも達する長寿島だった。若者が村外に出てしまうと長寿率もおのずと高くなってしまうため、近藤博士は人口移動の少なかった村を調査対象に選んだ。

島内の国頭村では当時96才のおばあさんが現役の機織り職人として働き、髪もまだ半分黒いと記録されている。肉や米を避け、畑で大豆を作って豆腐やみそにしてたくさん食べていることが長生きに役立っている、と近藤博士は結論づけている。

つづきはこちら

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします