[健康] 働く女性「100歳まで生きる朝食」

1日を元気に始めるための朝ごはん。毎朝きちんと食べたくても、

忙しい日や朝寝坊した日に、つい抜いていませんか?

もしかしたら「ダイエットしているから」という人もいるかもしれません。

でも、軽い気持ちで「朝ごはん抜き」を続けていると、

私たちの体は悲鳴を上げてしまいます。

食と健康に詳しい、予防医療コンサルタントの細川モモさんに、

働く女性の朝食の実態と朝食の健康効果について伺いました。

(中略)

「デスクワークに運動不足が重なると、骨や筋肉、

関節からなる移動機能が低下する『ロコモティブシンドローム(運動器症候群)』になる心配もあります。

もともとロコモティブシンドロームのテストは寝たきりや

要介護状態を予防するために高齢者に行うものでしたが、

まるのうち保健室でも調査をしてみたところ、

20~30代女性の約3割がロコモティブシンドロームであることが分かりました」(細川さん)

(中略)

では、朝食を食べることによって、どんな効果があるのでしょうか。

「朝ごはんがもたらす健康効果はたくさんありますが、

特に重要なのは『体温を上げること』と『貧血防止』です。

日本人の平均体温は36.89度であるのに対し、20代女性の平均体温は36.1度。

平均値未満が5割近くもいることが調査報告されています(※注1)。

体温は寝ている間にさらに1度下がりますから、きちんと朝ごはんを食べ、

消化によって熱を上げることが大事なんです。

私たちの調査では、朝ごはんを食べている人ほど体脂肪が少なく、

筋肉量や骨密度も多いことが分かっています」(細川さん)

詳しくはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします