[健康]男性もスキンケアは当たり前 歯磨きと同じ感覚で、日焼け止めは必須

男性向けのスキンケア商品が最近特に増えてきました。昔から意識をしてきた人にとっては、「ようやく…」といった印象を持つかもしれませんし、男性がスキンケアなんて…と思う人もいるかもしれませんが、昔よりも見た目や印象が重視されるようになっているのは事実だと思います。

そもそもなぜスキンケアをすべきなのでしょうか?
端的には、「やらないことのデメリット」が非常に大きいので歯磨きと同様に必要なことだと考えています。

そう考える理由を2つ挙げたいと思います。

一つ目として、「見た目がよくなる」からです。これは顔の造作の問題ではなく、相手に与える印象の問題です。肌荒れなど起こしていると自分へのケアが足りないと捉えられることさえあるのが現状です。
昔は男性の「脂ぎっている」「汗臭い」といったところは大目に見て貰えていましたが、現代ではスメルハラスメントなどもあり、社会的な障害と捉えられています。身近なところだと、そういったケア不足の人と間接的に肌が触れること、例えば共用の電話を使いたくない、ペンの貸し借りさえしたくない…といったこともあると聞き及んでいます。つまり清潔感がないことで、自分が知らないうちに社会的に孤立してしまう可能性もあるのです。

二つ目としては「自分を守るため」です。
肌は免疫器官です。細菌や紫外線などの外部刺激から体を守りながら、体内の水分を保持しています。バリア機能が低下すればそれだけ異物の侵入が容易になり、免疫力の低下など健康面への影響も出やすくなります。たかが皮膚の乾燥と、放っておくと無駄に老けて、不健康になってしまうのです。

全文はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします