[コラム]脳教育によるミネラルのアンバランス解消

急速な経済発展によって、食生活のアンバランスや食品添加物の過度の使用によって、ミネラル不足が深刻化している。これはファーストフードやインスタント食品を好んで食べるせいで、カロリーは高いが人体に必要な栄養素が不足している食品を多く摂取することで起こる現象と知られている。ミネラルは人体内に微量含まれている必須栄養素であり体重の約4%を占めている。

ミネラルは骨や歯の構成成分であるだけでなく、電解質、酸と塩基のバランス、細胞内液・細胞外液の浸透圧維持に必要だ。また、酵素反応、電子伝達、酸素運搬のプロセスでの構成要素や補助因子など、生命の維持や調節に非常に様々な形で作用している。カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、イオウ、リン、塩素などの1日の必要量が100グラム以上の主要ミネラルと、銅、亜鉛、鉄、マンガン、クロム、セレン、ヨウ素、コバルト、モリブデンなどの1日の必要量が100ミリグラム以下の微量ミネラルに分類される。

ミネラルは脳の神経伝達物質であるセロトニン、ギャバ、ニューロペプチドなど、人体の構成要素だ。体内で様々な生理機能を実行するのに欠かせない役割をしている栄養素であり、子供たちに必要な栄養素の中でも特に重要だ。韓国は急速な経済発展と産業化によって、土壌、海水、大気の汚染が深刻化し、必然的に人体の重金属汚染の可能性が増加した。重金属は比重が4.0以上の重い金属で、土壌、海水の汚染はもちろん、食品包材や食品添加物から人体に流入する物質だ。

重金属は活性酸素の生成を誘発し、抗酸化システムを撹乱し、核酸の合成、カテコールアミンやニューロペプチドの代謝を阻害することが知られている。また、重金属は人体で環境ホルモンのように作用し、酵素の作用を抑制し、行動障害や認知能力を低下させ、フリーラジカルを生成し、細胞の毒性を誘発することが複数の実験で明らかになった。重金属は身体障害や学習障害を誘発する要因となる。

このように、人体の認知、学習障害を引き起こす主な物質と注目されている重金属を排出する方法は、キレート物質で抗酸化ビタミンを供給することだ。これは人体の重金属を排出させて、小腸での重金属の吸収を低下させる。また、ミネラル治療や食事療法のように直接的・間接的にミネラルを供給したり、人体の代謝作用をスムーズにし、ミネラルの再吸収がよくできるようにしているが、根本的な治療法にはなっていない。

ミネラルのアンバランス解消と重金属排出のための従来の食事療法、抗酸化ビタミン療法、ミネラル治療法とは異なり、純粋に人体の気エネルギーを利用して、身体の代謝を促進させる脳教育プログラムを提案する。脳教育プログラムは呼吸によって新鮮な酸素が供給され、体にたまっている二酸化炭素が排出されて人体の血液とエネルギーが循環し、人体の気エネルギーがスムーズになることによって新陳代謝を促進し、細胞や組織のエネルギー源として必要なミネラルの供給が容易になるにつれ、ミネラルと電気的拮抗作用をしている重金属が反発力によって体外に放出され、小腸での吸収が低下する。

ソ・ホチャン国際脳教育大学院大学教授

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします