[特別企画:へそヒーリングをするひとたち] へそヒーリングは心!人々に健康を届ける竹村久代さん

hesohealing_bar

花のように明るい笑顔が印象的な竹村久代さん。ケーブルテレビに皿まわしエクササイズなどで数回出演したこともあり、地元ではすでに有名人になっている竹村さんが、今はへそヒーリングで活躍している。病気を克服して健康を回復している人が多いと聞き、話を伺ってみた。

toyota2-photo

へそヒーリングでどんな変化が?

年配の方は肩がこって腕が上がらないことが多いのですが、ヒーリングライフを使って自分で肩をほぐせています。先天性脳動静脈奇形の方は指を開くことができませんでした。へそ周りがかなり硬かったのですが、へそヒーリングをして指を開くことができるようになりました。
痩せている人はすこし太ってほどよい体型になり、旅行中は1週間でも便が出ないという方は便秘が解消し、太っていた人はダイエットに成功しました。偏頭痛に悩んでいた方も解消され、腰が痛かった方も痛みが改善されました。先天的に足の甲が内側に曲がっている難病の方が初めてへそヒーリングをしたときは何の感じもありませんでしたが、続けるうちに温かさを感じられるようになって体の感覚が回復し、おへそから生命が感じられるといった、体と心と脳が統合される現象を体験したこともありました。

ご自身の変化は?

もともと貧血があって力が出ないことがあったり、トレーナーではありますが柔軟性は少し低いほうでした。自分の体を愛するという思いで毎日へそヒーリングをするようになってから、ウエストが12センチダウンし、体も軟らかくなって健康な状態になりました。朝早く起きるようになり、1日の計画やアイデアがよく浮かぶようになりました。洞察力や観察力も以前より高まったと思います。

へその形が変わるとか?

へそヒーリングを考案した一指先生も、私の先輩もへそヒーリングをとても研究していらっしゃるので、私も頑張ってたくさんの方にお会いしておへそを研究しています。おへそを観察するとみんなそれぞれ形が異なり、位置も少しずつ違い、性格が反映されていることが分かります。持続的にへそヒーリングをしていると、へその形が変化したり、おへそが体の中心に戻ることもあります。おへそは体の中心で、全身とつながっている生命ボタンなので、おへそをどんな風に管理するのかが健康のポイントです。

ヒーリングライフの使用法は?

最初から強く押したりして痛いから使わないというケースや、早く効果を見たいと思って体が緊張している状態でヒーリングライフを使って逆に便秘になるケースなどがあります。最初はとてもやさしく軽く使うように案内しています。へそヒーリングをする時は、真心と感謝の心を使うことを一番大事なポイントとしてご案内しています。体のゆがみが正されたり変化が起こるには、本来は悪くなったのにかかった時間と同じくらいの時間がかかるものですが、真心を込めて自分自身を大切にしてヒーリングするとその時間が短縮されます。

なぜヒーリングライフを広めたいのか?

ヒーリングライフは誰でも簡単に自分で健康管理ができるツールで、効き目も早く、多様に現れます。
普段、外に向かっていた意識が、自分の体の中心に集まって、バランスをとることが自然にできる感じです。心配や不安から解消され、自己管理によって、多くの人々が健康になってほしいと思います。へそヒーリングをすることで誰もが、人体の自然治癒力の神秘、人間そのものの素晴らしさ、自分の価値に気づくことになると思います。それがほんとうに素敵なことだと思います。

13

 

● 一指 李承憲のへそヒーリング健康法
へその周りを押した時にダイレクトに刺激を受けるのが腸です。人間の腸には腸神経系と呼ばれる約4〜6億個のニューロンが存在します。腸は「第2の脳」とも呼ばれていて、幸せホルモンであるセロトニンの90%以上が腸から分泌されます。生命を維持する大事な器官が集まっているおへそを中心にへそヒーリングを行えば、消化器系、循環器系、免疫系にダイレクトに影響を与えられます。

● 効果
血行促進/体温アップ/免疫力向上/腸内環境改善/便秘改善/ストレス解消/ダイエット/美肌/集中力アップ

http://hesohealing.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします