[社会・文化]  NTT東、遠隔操作でロボットに「頭脳」提供 介護需要狙う

NTT東日本は30日、ロボットをインターネットにつなげて対話や遠隔操作ができるクラウド型サービス「ロボコネクト」を発表した。多種多様なロボットにネット経由で「頭脳」の機能を提供し、アプリを使って対話やゲーム、クイズが楽しめる。第1弾としてヴイストン(大阪市)が開発した卓上型の「Sota(ソータ)」に対応、高齢者向けにレクリエーション関連アプリを用意した。介護施設などの需要を狙う。高齢者向け用途ではソフトバンクグループの「ペッパー」が先行するがライバルとなるか。

「漢字クイズ、四字熟語だよ。この漢字はなんと読むでしょうか」

ロボットのソータの掛け声に合わせてテレビ画面に四字熟語が表示される。少しすると「正解はれんちこうみょうだよ」の声とともに正解が表示され、四字熟語の意味を解説してもらえる。NTT東日本のクラウドサービスとソータ、高齢者向けクイズアプリ、テレビを組み合わせた活用イメージだ。
1
卓上ロボ「ソータ」やテレビをつなげて漢字の読み方クイズなどが楽しめる

>>続きを読む(2016年8月30日 日本経済新聞 電子版)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします