[社会・文化] 「70歳代を高齢者と言わない」宣言 大和市

大和市は11日、「70歳代を高齢者と言わない都市」を宣言した。市民の意識を変えてもらうことで、健康寿命が延び、生涯現役の意識が高まることを期待している。今後は広報紙や市が発信する文書で70歳代をなるべく「高齢者」とは表記せず、「70歳代の市民」などとする。

同市によると、こうした宣言は、国内外でも例がないという。同市は2014年に「60歳代を高齢者と言わない都市」を宣言しており、今回はさらに対象を10歳引き上げた。

市内で式典が行われ、大木哲市長が「人生100年時代を迎える超高齢社会では65歳以上を高齢者とする固定観念を変えることが必要。この世代の方々が個々の意欲や能力に応じて、いつまでもいきいきと活躍していただきたいと考え、『70歳代を高齢者と言わない』ことを宣言します」などと宣言文を読み上げた。

全文はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします