[社会・文化]人生100年時代、未来の食は宇宙食?

人生100年時代だという。その折り返し地点を過ぎたばかりの記者(54)は考えた。仮に100歳まで生きるなら、あと50年近く食べ続けることになる。今後、自分は何を食べていくのか。未来の食の風景を探った。

厚生労働省の調査では2017年に100歳以上の高齢者は全国で6万7824人に上り、20年間で6.7倍に。国立社会保障・人口問題研究所は25年に13万人強、50年には53万人に上ると予測する。人口減でもお年寄りは増え続け、シニアの嗜好に社会全体が影響を受ける可能性が高い。ではどんな食べ物が支持を集めていくのだろう。

「大人用の粉ミルクがヒントになるかもしれませんよ」。森永乳業の担当者がこう耳打ちした。赤ちゃんの時、お世話になった粉ミルク。今では大人向けにカルシウムやビフィズス菌といった栄養成分を多く配合した商品が出回っている。かまずに栄養を効率的に摂取できる。

代表的な味わい方である1回あたり100ミリリットルの水に大さじ3杯を入れて溶かして毎朝飲んでみた。さっぱりとした味でほのかな甘みがある。ビフィズス菌の効果だろうか、日々の通じが改善された。20、30年後に一人暮らしになったとき、健康を支えてくれると思い至った。

全文はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします