[社会・文化]お稽古?社会貢献?あなたにあう“いまどき趣味”はどのタイプ?

「長寿社会になり、私たちはこれまでになく長い『人生の後半戦』を過ごすことになりました。その貴重な時間を自分のために使うのにうってつけなのが、まさに趣味です。そもそも趣味とは、自分が時間とお金をつぎ込んで、幸せを感じられるもののことだと私は考えています。これまで多くの女性は『母』『妻』『娘』『嫁』と、人のために生きてきましたが、だからこそ、50歳以降は自分を大切にしてほしいのです。誰のためでもなく自分のために生きる絶好の手段として、ぜひ、趣味という生きがいを持ちましょう」

こう語るのは、自身も「アラ還」であるキャリアカウンセラーの小島貴子さん。だが、実際に新たな趣味を始めてみようと思っても、現在、『英語』『ヨガ・ピラティス』『フィットネスクラブ』『書道』『フラワーアレンジメント』などなど、趣味の世界は百花繚乱!「運命の相手」探しは、どうやって始めたらいいのだろう?

「興味のあるものが浮かばない人は、趣味を通じて自分は何を手に入れたいのかを考えてみるといいでしょう。健康維持なのか、自分磨きなのか、はたまた誰かの役に立ちたいのか。誰かに誘われるまま始めると続かないことが多いので、目的を念頭に置きながら、気になるものにチャレンジしてみましょう。まずは体験教室の利用もオススメです。いきなり道具や衣装を買いそろえても、続かなければ痛い出費になりますから。まずは3回、続けられるかがポイントです」(小島さん・以下同)

さらに、できることなら人と関わるもののほうがよいとのこと。やはりコミュニケーション型のほうが、趣味は充実&長続きするようだ。趣味の類型は大きく分けて、次の4種類。目的に応じて、何を始めるか選ぶ際の参考にしてほしい。

続きはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします