[社会・文化] 超高齢社会のあなたの人生設計プランをECOが募集~“人生120年”に向けた「私の夢とプラン」

一般社団法人ECOでは、「人生120年時代」に向けた人生設計プランを募集します。人生の最期までの長い年月をどんな夢をもって、どんな計画で、どのように生きていくかという青写真やビジョンを表現してください。形式は自由です。文章、絵、動画、マンガなど何でも構いません。応募作品の中から、当選者の方にプレゼントをいたします。

現代社会は、人類がこれまで経験したことがない超高齢時代を迎えています。2015年の国連の資料によると、100歳を超える人は50万人で、20年前に比べ4倍に増えています。この数字はさらに速いスピードで増えると言われています。とりわけ日本は平均寿命、高齢化率、高齢化のスピードなどが世界のトップクラスです。多くの人が、仕事を引退した後も数十年にわたる人生を歩むことになります。

私たちは長寿について、医学の進歩や生活水準の変化など外部的な要因によってもたらされるものと思いがちです。長い寿命は与えられるものであり、「運が良ければ100歳以上生きられる」といったような受動的な受け止め方をする傾向があります。

現在、生物学的に可能だと言われている人間の潜在寿命は120歳です。それならば、120年という長い目で人生を新たに設計し直すことができるはずです。つまり、自分の意志によってより長い人生を創造する、という主体的な考えを持つのです。

私たちは、与えられた時間と生命をどのように使い、そして去っていくのかを選択し、決めることができます。そのうえで、自分の人生の大きな流れがどこへ向かっているのか、青年期、中年期、老年期などのそれぞれの段階でどんな目標を達成するのかといった「全体的な人生設計」が大切です。

老年期の人生に関する長期設計があれば、「私はこのような夢をもち、このような人間として生きようと選択し、私がデザインした人生の計画に従ってこの年齢まで生きてきた」という実感を得ることができることでしょう。

ECOでは、より多くの人たちが心身ともに健康で創造的な老年期を送れる社会を目指して、「人生120年プロジェクト」を推進しています。その一環として、今回、みなさまご自身の人生設計を募集いたします。自由な形式で「私の人生120年」を表現してください。どんな夢をもって、どんな計画で、どのように生きていくか、というのがテーマです。マンガで描いていただいても結構ですし、プレゼンテーションしている様子を動画に撮っていただいても構いません。たくさんのご応募をお待ちしております。

□■□ 募集要項 □■□
内容:120歳までのご自分の人生設計
募集期間:3月21日~5月20日までの2カ月間
応募方法:形式自由(文、絵、パワーポイント、動画、音声ファイルなど)
     ECOサイト内(応募フォーム)または郵送で提出。
※当選者プレゼントあります!

詳しくは、こちらをご覧ください。
https://earthcitizen.jp/120lifecontest/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします