[社会・文化] 私の夢は乙部ケ丘の住民4,000人を元気にすること!~民生委員 竹内美保子さんがいきいきまちづくりに貢献

今年は民生委員制度創設100周年になります。民生委員は、住民の立場にたって、まちの福祉を担うボランティアで、法律により厚生労働大臣から委嘱されています。愛知県豊田市乙部ケ丘で民生委員として活動されている竹内美保子(45)さんにお話を伺いました。

民生委員って定年退職をされたくらいの方というイメージがありましたが、随分お若いですね。どのような経緯で民生委員になられましたか?

私が民生委員になって1年くらいなのですが、その前に約5年間、仕事のかたわら乙部ケ丘で地球市民健康プロジェクトの一環として、ハッピーブレインクラブという体操教室でブレイン体操の指導をしていました。そこに参加される方はほとんどが高齢者なんですが、楽しいと言ってくださいますね。「楽しいから頑張れる。竹内先生の顔が浮かんで自然に足が向かう」と。脳梗塞で3回倒れたことのある方も参加されていて、はじめは半身の動きが不自由で歩くのもゆっくりゆっくりだったんです。その方をよく知っている人が、「最近ちゃんと歩けてるね。体操をしてるからかな」って言うくらい良くなられました。そんなハッピーブレインクラブでの活動が下地になって、お声をかけていただいたようです。

私は個人的に、民生委員というのは日本が世界に誇れる素晴らしいシステムだと思っています。大変だと聞いたこともありますが、具体的にどんな活動をされていますか?

そうですね、大変です(笑)。それで一度はお断りしたんです。でも、区長さんの推薦もあって結局させていただくことになりました。区長さんは、とても認知症の改善に力を入れていらっしゃるんです。今年から認知症サポートのカフェも設立されました。乙部ケ丘には高齢者の一人暮らしも多いし、日本の全体的な問題でもあるからだと思いますが、認知症を予防して健康寿命を延ばすというのは、みんながいきいきと元気に暮らせる町になるということですよね。これは私の夢でもありますので、そういった意味では区長さんに全面的に協力したいと思っています。

実際の活動としては、一人で暮らしている高齢者のお宅を訪問したり、電話がかかってくることもあります。書類を代わりに書いてあげたり、はっぴを着てパトロールに回ったり、子供たちが学校に行くときに横断歩道に立って見守ったり、卒業式や入学式に顔を出したりもします。

訪問したときはどんなことを話しますか? ブレイン体操を一緒にしたり、竹内さんの得意なマッサージをしてあげたりもしますか?

お顔を見て、お変わりないですかとか、最近どうですかとか、家族の方は来られますか、とかですね。基本的におうちの中には入らないんですよ。なので、少しお話するくらいです。

それは残念ですね。竹内さんのマッサージ、とても評判がいいとお聞きしましたが。体操指導などの資格をとることになったきっかけは何ですか?

健康になりたくて、何かしないといけないなと思っていたんです。風邪を引いても長引いちゃうし、体力もなくて。人をきれいにする仕事をしていて、見た目だけじゃなくて内面も変わるものだったので純粋な気持ちで頑張っていたんですが、ノルマで精神的に疲れ果ててしまっていました。そんなときに脳教育と出会い、トレーニングを続けるうちにすごく楽になっていくのがわかったんです。体も心も。そうすると、何かやりたい気持ちがわいてきて、地域社会で何かできないかなって思いはじめました。その頃は、前の仕事は辞めて、市販薬を販売できる登録販売者の資格をとって働いていたんですが、だんだん心の葛藤が大きくなってきていました。社会的になんでもすぐ薬に頼るという文化ができてしまっているけれど、薬では結局よくはならないって思ったんです。自然治癒力を高めることが大事だと。脳教育のトレーニングで私も肩こりがすっかりなくなったし、セルフケアができるようになりました。それでブレイントレーナーの資格をとって活動を始めました。探し求めてやっとたどり着いた真の健康法をみなさんにお伝えしたいですね。


民生委員として、これからますます活躍されると思いますが、乙部ケ丘の住民のみなさんとこんなことをやってみたいというような夢や計画がありますか?

具体的なことは何も決まっていないのですが、アイデアはいろいろあります。

◀インタビュー中にも浮かんだアイデアをメモする竹内美保子さん

体を動かすことが苦手で体操教室には行きたくないという人でも理論からなら入りやすいということもあると思います。そんな方のために、健康に関するお話をする講座や心と精神の健康のための読書クラブなどもやってみたいと思っています。セルフケアが大事だということに気づいて、体を動かすことの気持ちよさを体験すれば、自分の健康を自分で守れるような生活習慣を身につけやすくなると思います。

また、心豊かな日々を送るお手伝いもできたらいいですね。例えば、何か作品の展示をするとか。書道、絵画、写真みたいな本格的なものでなくても、色紙に一文字だけを筆で書くといったようなものを家族や知人に公開するという感じで気軽に取り組める場をつくりたいです。ブレイン体操で気エネルギーを感じるトレーニングがありますが、エネルギーを感じた後に書くと思いがけず大胆で良い作品になったりするんです。文字だけじゃなくて気の向くままに絵を描いてもおもしろい作品ができそうです。今まで知らなかった自分の新たな一面に気付いていただけると思います。

いくつになっても生活の中で新しい刺激のあるワクワクするような人生、明るく楽しい毎日を乙部ケ丘のみなさんと一緒につくっていけたらなと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします