[健康]“長寿県”長野に学ぶ「健康で長生き」する3つの秘訣

長寿県として知られる長野県には健康で長生きするためのエッセンスが詰まっていた。

長寿に詳しいお茶の水健康長寿クリニック院長の白澤卓二氏がその秘訣を語る。

健康で長生きするために重要なのは、「食事」「運動」「生きがい」です。

私は長年、長野県に通って長寿の調査研究をしてきました。

長野はがんによる死亡率が低く、平均寿命が全国で最も長い。

若者からお年寄りまで、健康によい伝統食をよく食べています。

野菜の摂取量が多く、みそや野沢菜など発酵食品の消費が多い。

さらに、県を挙げて減塩運動に取り組んできました。

食塩の摂取量は今も多いのですが、これはみその影響と考えられます。

また、外食店はそば屋が多く、ファストフードが少ない。

地域の伝統食を親から子・孫へと受け継いでいるのが、長野の特徴です。

続きはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします