[社会・文化] 先住民マオリ崇拝の川に「法的人格」認める、ニュージーランド

【3月16日 AFP】ニュージーランドの議会は15日、先住民マオリ(Maori)が崇拝する川に「法律上の人格」を認める法案を可決した。河川を法人と認める判断は世界初とみられる。

 欧米諸国の判例とマオリの神秘主義を兼ね備えた法律は、ワンガヌイ川(Whanganui River)を「生きている実在物」だと正式に宣言した。クリストファー・フィンレイソン(Christopher Finlayson)司法長官は、「(ワンガヌイ川は)法的な人格と、それに付随するあらゆる権利、義務、法人としての法的責任を有することになる」と述べた。

 マオリの人々から「テアワトゥプア(Te Awa Tupua)」の名で呼ばれるワンガヌイ川は、ニュージーランドで3番目に長い川。フィンレイソン長官によると、川の周辺に暮らすマオリの部族(イウィ)は1870年代から川をめぐる権利を主張しており、同国でも最も長期に及ぶ法的な争いとなっていたという。

「ワンガヌイ・イウィと、先祖伝来の川との深い精神的なつながりを認める法律」だと、フィンレイソン長官は語った。

 法律に基づき、実際面ではマオリ側と政府側をそれぞれ代表する弁護士2人が代理人として法的手続きを行い、ワンガヌイ川の利益を守っていくこととなる。

 また、ワンガヌイ・イウィには政府から、長期に及んだ裁判の損害賠償として8000万ニュージーランド(NZ)ドル(約63億円)と、川の環境改善費用として3000万NZドル(約24億円)が支払われた。(c)AFP

元記事はこちら(AFPBB News)↓
http://www.afpbb.com/articles/-/3121661?utm_source=yahoo&utm_medium=news&cx_from=yahoo&cx_position=r1&cx_rss=afp&cx_id=3123646

関連記事
印裁判所、ヒマラヤの氷河を「生きた存在」と認める判断
http://www.afpbb.com/articles/-/3123646

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします