[地球・環境]動物の目線で環境考える、宇部市の小学校で「せかい会議」

山口県宇部市吉部小(西村淳校長)で16日から、

せかい!動物かんきょう会議inSDGs(持続可能な開発目標)未来都市UBE」が始まった。

世界中の動物が同校に集まって地球環境について話し合う設定で、

児童たちが身近な野生動物になって、地球の課題をピックアップ。

他者を尊重し、多様性を認めながら未来の地球について考えている。

同小のプログラムは3月27日までの全5回。

内閣府の「SDGs未来都市」に昨年選定された宇部市が主催。

日本航空とNPO法人キッズデザイン協議会が協賛し、

ヌールエデザイン総合研究所が委託実施する。

同会議は、同研究所が提案する教育プログラムで、

子どもたちが動物になりきって地球の環境について会議するもの。

2014年に環境省のESD(持続可能な開発のための教育)環境教育モデルプログラムに

採択され、17年には第11回キッズデザイン賞優秀賞を獲得した。

同小のプログラムは、「動物になって地球を見てみよう」というコンセプトの下、

5、6年生全10人が参加。初日は会議に出席するためのキャラクター創りを行い、

各自がゾウやイルカなど好きな動物を選び、出身地、性別、職業などを

設定して画用紙に描いた。

2日目の17日から本格的な会議に入り、

動物の立場から人間の脅威を選び出す。3日目の2月6日に、

出した課題を人間に戻って整理する。

同小のプログラムとは別に、今月20日には、

中央町3丁目のうべ産業共創イノベーションセンター志(通称うべスタートアップ)で、

市内に住む外国人児童を対象とした授業も開催。

最終の3月26、27日は、ときわ動物園、アクトビレッジに移動した屋外授業があり、

同小と外国人児童の他、首都圏の児童も参加し、いろいろな考え方を認め合う。

動物と向き合い、「地球は人間だけのものではない」という意識を高め、

「動物かんきょう会議宣言」を発信する。

元記事はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします