[地球・環境] 30年後の海洋はプラスチックだらけ!?ユニークな海洋漂流ごみの再利用プロジェクト

今年6月に、ニューヨークの国連本部で海の持続的利用や資源保全について議論される、「海洋会議」の内容が明らかになりました。

海洋会議では、深刻化する海洋のプラスチックごみによる海洋汚染を防ぐため、再利用できる製品の普及や、歯磨き粉や洗顔料などにマイクロプラスチックを使わないことを各国に訴えかけることが議論される予定です。

これは、2015年に国連で採決された「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた取り組みの一環で、プラスチックごみに関しては、レジ袋や使い捨て製品、マイクロプラスチックを使った製品の廃絶を推進する予定です。

一方、エレンマッカーサー財団によれば、世界中のプラスチック包装の約95%が使い切りで廃棄されると報告されています。

さらに、過去半世紀で世界中のプラスチック使用量は約20倍に増加しており、現状のペースでプラスチックの廃棄が増加すると、2050年までには、海洋のプラスチックごみは魚類よりも多くなると報告されています。プラスチックごみによる海洋汚染は、まさに危機的な状況といえるでしょう。

海洋漂流ゴミがシャンプーボトルにリサイクル!?

そんな廃棄プラスチックによる海洋汚染に立ち向かうごとく、米国のリサイクル企業、「テラサイクル」が名乗りをあげました。

続きはこちら↓
http://greenz.jp/2017/06/03/terracycle/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします