[健康] 1分で「がん細胞」を破壊し、副作用もない「光免疫療法」

オバマ前大統領が、2012年の一般教書演説で世界に誇った革新的ながん治療法「光免疫療法」。その世界的研究者に現地ワシントンで単独取材しました!(ホウドウキョク)

3 Lines Summary
・「光免疫療法」は従来のがん治療法の問題点をクリア!
・ 副作用もなく、医療費も大幅にダウン可能
・ 楽天・三木谷氏のサポートも得て、実用化へ加速

8~9割のがんに有効!
光ファイバーを使うことで、皮膚がんのような身体の表面に近いものだけでなく、食道がん、肺がん、子宮がん、大腸がん、肝臓がん、すい臓がん、腎臓がんなど、がんの8~9割はこの治療法でカバー出来ると考えています。

副作用はなく、入院も不要!
この治療のための入院は必要ないですね。初日に抗体を注射する、そして翌日に光をあてる、それだけが全てです。動物実験上、臨床治験上では特に副作用というのは見られていません。正常細胞は傷つけないで、がん細胞だけを破壊するからでしょう。

転移がん・再発がんにも有効!
がんが出来た局所の免疫を上げてあげれば、ステージ4という段階でも、転移したがんでも治療が望めます。末期がんでも、可能性としては十分あります。

「光免疫療法」にかかる費用は?
保険適用されないとしても、100万円~200万円のレベルになる見込みとのことです。
抗がん剤治療で月に数百万円かかることも普通なので、従来のがん治療に比べれば、これは相当に低い額になります。(日本の場合は保険適用されれば、「高額療養費制度」もあるので、患者さん自身の負担額は数万円程度でしょう)

日本での実用化は何年後?!
当初はどの程度の患者さんに適用出来るか等はあるが、日本で治療として実現するのは3年~4年後でしょうか。治験自体がアメリカが1年半ぐらい先に進んでいるので、その時間差を埋められるかという点はありますが、三木谷さんは世界同時に実用化したい、と言われています。

全文はこちら↓
https://www.houdoukyoku.jp/posts/10637

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします