[地球・環境]NTTが「土に還る電池」開発 レアメタル未使用、生物由来で環境に優しく

NTTは19日、あらゆる機器がインターネットにつながるIoT(モノのインターネット)の発展を見据え、回収できなくても環境への負荷が低い新電池「ツチニカエルでんち」(土に還る電池)を開発したと発表した。

 IoTの発展に伴い、電池を搭載した多数のセンサーが建物や動植物へ装着されることが想定されるが、手が届きづらい屋外など回収が難しいセンサーはそのまま放置され、土壌や生物に悪影響を及ぼす可能性がある。新電池はこの課題解決のため研究を進めていたもので、今後は性能を高めた上、「土に還るセンサーや回路」とあわせて商品化を目指す。ツチニカエルでんちは同日、東京都武蔵野市で開かれた、同社の「R&Dフォーラム2018」で披露した。

全文はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします