[社会・文化]合掌造りをライトアップ

世界文化遺産に指定されている富山県南砺市の

相倉合掌造り集落で、「残雪ライトアップ」が行われた。

山あいにあり3月上旬になっても雪深い相倉地域。

茶色を基調とした合掌集落と辺りに積もった白い雪、

ライトアップの柔らかいオレンジの光が競演し、訪れた観光客を幻想の世界へと誘った。

午後5時、夕暮れとともにライトアップがスタート。

集落を見下ろす高台には国内外の観光客約10人が集い、

時刻とともに色彩を変える集落の姿にカメラのシャッターを切った。

沖縄県から訪れた飲食業池原彩香さん(24)は、

「集落も良いが雪もきれい。また来年も訪れたい」と感激した様子だった。

相倉集落では年5回のライトアップイベントを実施しており、今回は第1弾。

相倉合掌造り集落保存財団の主催で、

次回は田植えに焦点を当てた「水田逆さ合掌ライトアップ」が5月11~14日に行われる。

 

全文はこちら(時事ドットコムニュース)↓

http://www.jiji.com/jc/pm?id=20170122185200-0023141917

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします