[地球・環境]G20環境・エネルギー関係閣僚会合で「カンナ削りの木のストロー」が採用 木のストローが廃プラの削減にイノベーションを起こす

~ 木の特性を活かした焼印入りの特別仕様で3,000本提供 ~

木造注文住宅の株式会社アキュラホーム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮沢俊哉)が開発した、世界初「カンナ削りの木のストロー」が、国内各地で開催されているG20閣僚級会合で採用され、世界中から注目されています。5月の「G20新潟農業大臣会合」に始まり、「G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合」「G20福岡財務大臣・中央銀行総裁会議」に続いて、6月15日、16日に長野県軽井沢町で開催された「G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」でも採用されました。

●プラスチックストローに代わる新たな代替品であり、環境問題を解消するアイテムとして評価
G20持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合では、本会議場の要人・随行員、プレス向けに2,000本が提供されました。本会議の主要な議題の一つには、海洋プラスチックゴミの削減が挙げられています。木のストローは、プラスチックストローに代わる新たな代替品であり、海洋・森林・資源の問題を解消する糸口になるアイテムとして評価いただき、採用が決まりました。 また、今回は木ならではの特性を活かし、“G20 Karuizawa Wood Straw AQURAS”と焼印を施した特別仕様としました。

元記事はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします