[社会・文化]東急、再生エネ100%で世田谷線運行開始

東京急行電鉄は3月25日、水力発電などの再生可能エネルギー100%による東急世田谷線の運行を始めた。都市型鉄道では国内初の試み。年間で1263トンの二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる。

今回、東北電力が水力発電、地熱発電による再生エネルギーを供給する。世田谷線は平成30年度の電力使用見込みが215万キロワット時で、東北電からその分の電力を購入し、本線、車庫内などの電車運行に活用していく。電気料金は公表していない。

東急では、30年度から3カ年の中期経営計画の中で、低炭素・循環型社会を掲げている。今回、生活者に身近な電車を再生エネルギー100%とすることで、さらに環境問題に取り組む姿勢を明確にする。世田谷線は東京都世田谷区東部の約5キロ、10駅を結んでいる路面電車。

元記事はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします